本文へ移動

地元紹介

木津川市加茂町の魅力

交通アクセス

JR加茂駅から大和路線(関西線)でJR大阪駅まで約59分の通勤時間
JR加茂駅が始発・終点なので座って楽々通勤(直行便)

木津川市加茂町ってどんな街、こんな街

木津川市加茂町は京都府の最南端に位置し、南は奈良市と隣接しています。

周囲を小高い山々に囲まれ、木津川が町を東西に貫流する山紫水明の地。
万葉の昔から歌に詠まれたように、美しい自然と豊かな文化遺産に恵まれています。

由緒ある古社寺や旧跡を結ぶ道は路傍にひっそりと野仏がたたずみ、四季おりおりの 自然美に恵まれた絶好のハイキングコースです。
また夏になると木津川の河原には大阪・京都方面からアウトドアの家族で、山にはカブトムシやクワガタムシ採りの家族連れでにぎわいます。 

ハイキングコースのポイント

  • 浄瑠璃寺(九体寺)
  • 岩船寺
  • 当尾の石仏
  • 恭仁京跡
  • 海住山寺
  • 和銅開珎鋳造跡

JR加茂駅前開発

JR大和路線も電化、ダイヤ改正で大阪方面の通勤等が非常に便利になりました。

木津川市加茂町の玄関にあたるJR加茂駅舎も橋上駅として生まれ変わりました。
新JR加茂駅舎は西側(既存の駅前)、東側のどちらからも乗り入れが可能になり、高齢化社会に適応してエレベーターも2基設置されています。

また駅東には、14階建て分譲マンション・ユニ加茂壱番館(平成13年5月完成)に続いて、温泉付き20階建て分譲マンション・プレステ加茂タワーが平成15年12月に完成しました。
21世紀の木津川市加茂町の顔づくりに向けて新しい中心市街地としてJR加茂駅前が大きな変貌を 遂げようとしています。
JR加茂駅前に銀行、スーパーマーケットや大型店舗(ドラッグストアー)、医院、飲食店も オープンし、活気づいてきています。
駅周辺には新築ハイツ、新築テナントが目白押しです。

南加茂台ニュータウン

関西文化学術研究都市(学研都市)隣接エリアである木津川市加茂町のほぼ中央に位置し、緑いっぱいの自然に囲まれた平均50坪~65坪敷地の約2200世帯が集うやすらぎの街。

1丁目から15丁目までの街で構成され、タウン内のメインストリート沿いにはスーパーマーケット、 一般商店、銀行ATM、郵便局、コンビニ、 医院が顔を並べています。
保育所、小学校がタウン内に、中学校も近隣にあります。

また、テニスコート2面をもつ公園をはじめ、随所に緑いっぱいの遊び場があり子供にとっては申し分のない環境です。
TOPへ戻る